ぎっくり腰(急性腰痛)を改善させる施術

当院の腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などの施術

当院のこの施術法においては、ほとんどこの瞬間に腰の痛みや、足のシビレなどがなくなります。

↑メインで行うブロックテクニックの一例


原理は、背骨や骨盤にかかっている負荷を抜き、関連する筋肉群を緩めるとともに、神経の圧迫を解除することです。

オリジナルの手技を加えることで、さらに効果を高めています。

もちろん、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などだけでなく、肩こり、頭痛、などにも有効に作用します。(症状などによって、ブロックの挿入位置は異なります。)

★ぎっくり腰

<当院では・・・>
概ね1~2回で痛みを半減もしくは、それ以上改善させます。


<概要>
ヨーロッパでは魔女の一撃とも言われており、なったことのある人なら分かるその悲惨さと、突然の衝撃的な痛みを連想させます。
実際にはケースバイケースで、重症から軽傷まで様々です。重症な人は、本当にその場から動けなくなり、腰は曲がったまま伸ばすことができず、立ち上がったり座ったり、ましてや歩くことなど到底無理な感じなります。

実は、ぎっくり腰というのは、正式な病名ではありません。ギクッ!という感じで、急激に痛みが襲って来るのでぎっくり腰という表現しているだけだとお考え下さい。引き金は、重たいものを持ったりしたケースもあれば、くしゃみでギクッ!となるケースもあります。または、朝起きたら腰が立たないとか、きっかけは見当たらないのに、なんだか急に腰の筋肉が固まりだしたというケースもあります。

多くの場合、ぎっくり腰になる前から、ある程度の慢性の腰痛があるはずです。つまり日頃からの腰にかかる負担が溜まって、ある時にあるきっかけで一気に限界を超えたと、私は捉えています。

よく聞かれます。「これって、ぎっくり腰ですかね?」と。
これがぎっくり腰なのか?そうでないのか?という問題は、そう大きな問題ではありません。明らかにぎっくり腰である場合でも、プチぎっくり腰な場合でも、当院では、ほとんどのケースにおいて1~2回で痛みを半減させます。


<患者さんの状態>
軽傷から重症まで様々ですが、こんな状態の方が多いです。
★腰が前かがみに曲がっている。
★横にも人が真似できないような形で、腰のパーツがずれているように曲がる。
★歩くのは大変。足が上に上がらず、前にも出にくい。
★立って靴下を履けない。パンツも履けなしい。
★普通の姿勢で座っているのも辛い。立ち上がるのに時間がかかるし、歩き出すのにも時間がかかる。
★寝てはいられるが、仰向けはきつい。横向きで膝を抱える寝方が一番楽ちん。
★痛みの場所は、背骨の腰の部分(腰椎かその横あたり)または、骨盤(仙腸関節がミシミシっと壊れそうな感じ)が多い。
★普段元気ハツラツな人でも、やる気がなくなるし、思考も回らなくなる。(それだけ辛い)

本当に大変そうですよね。時々患者様から聞きます。
「(ぎっくり腰に)なったことない人には、この辛さは理解してもらえませんね。((^_^;)」

<当院での施術スタンス>
当院では結論から言いますと、1~2回で痛みを半減できるケースがほとんどです。患者様のご都合によりますが、原則として2日連続の施術を提案しています。
まずは少しでも早くに楽に動けるようにすることです。自宅でも自力で動けるようになること、トイレに歩いて行けて、座ったり立ったりも楽にできるようになることが最優先だと考えてのご提案です。
ほとんどのケースにおいて、効果がでています。

<施術のポイント>

ブロックテクニックの一例

★背骨の負荷、ストレスを抜いていきます。上の写真のようにブロックテクニックを行うと、ほとんど痛みは消えて、気持ちもリラックスします。
★凝り固まった筋肉(大腰筋、起立筋、腰方形筋、大殿筋など)を操作して緩めます。
★骨盤の変位(ズレ)があれば、それを直します。
★施術の最後に足踏み運動や立ったり座ったりを行います。いわゆるビフォーアフターです。できるようになったことの確認と、痛みが減っていることの確認をします。

<ぎっくり腰になったら>
まずは当院にお問い合わせください。動けるのなら、お越しいただき施術を受けるのが良いでしょう。動くのが困難な場合は、来院される途中で転倒したりしても危ないので、そのへんは慎重にご判断ください。
冷やすか温めるかということですが、急性の場合(熱を持っているケース)は、冷やしてください。
脂汗をかく、足のしびれがひどく痛みも出て震えが出たり、吐き気などもあるようなケースでは、腰だけでなく内臓などにも重篤な病気があるケースも考えられます。この場合は、医療機関に行くことをおすすめします。)

<私が患者様に医療機関(病院)に行くことを勧めた実例>
患者様から電話で「ぎっくり腰になったみたいなんです。」と施術依頼がありました。来ていただき、お話をうかがった上で施術を始めました。
通常は、股関節や腰、おしり周辺の筋肉を操作して緩めることから始めるのですが、この患者様は異様に痛がっていました。
私はおかしいと思い、ブロックテクニックから先に行いました。ブロックテクニックを行っているときは全くと言っていいほど、それまであった痛みはなくなるのです。
(私の考察は、「このブロックテクニックで痛みがなくなるなら私ん施術の範疇であり、痛みがなくならなければ、単なるぎっくり腰ではなく骨などに異常があることが考えられる。」でした。)

ブロックテクニックを行っている最中も、痛みはなくなりませんでした。なので、私は施術を中断し、患者様には病院で検査をしてもらうように伝えました。

病院1件目 K整形外科・・・X線検査で、骨に異常なし。と、報告を受けました。が、私は「それはおかしいので、違う病院に行ってください。」と伝えました。

病院2件目 StT病院・・・「筋肉の問題です。」と言われたと、報告を受けました。が、私は「それもおかしいので、また違う病院に行ってください。」と伝えました。

病院3件目 某病院・・・胸椎12番(解剖学的には腰でなく背中)の骨折が判明しました。当然、これは私の施術の範疇外です。

病院3件目にしてやっと本当の痛みの原因が判明したのです。嘘のような話ですが、実話です。
この患者様、1件目の病院に対し、X線まで撮ったのになぜ骨折が分からなかったのかとクレームを入れたそうです。
そしたら、担当の医者曰く「あなたが腰が痛いと言ったから、腰しか見ていない。」と、言われたそうです。
呆れてものが言えませんね。

当院では、どんな場合でも私がおかしいと思ったら、施術を中断して医療機関での診療をお勧めしています。(患者様の利益が最優先です。)

私は、当院での施術の適応かどうかを適切に見極めます。ギクッとなったら、まずはご相談ください。

しっかりと施術を受けていくことで、また定期的(月1回程度)に施術を受けていただくことで、その後のぎっくり腰や腰痛になるリスクを遠ざけます。

ヘルニアと言われても、 狭窄症と言われても、
老化のせいだと言われても、 あきらめずに、
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。