患者さんの声

・足首骨折の後遺症、ムチ打ちの後遺症<鎌倉市 男性 30代 店員> 

20年前にバイク事故で足首骨折。骨折は治りましたが、俗に言う後遺症で、雨が降る前や寒いときなど激痛が走りました。
病院ではもう正常ですと言われ、それでも激痛が走る足首。何とかならないかと思い、整体、鍼、灸、いろいろやりましたが、痛みが取れるのは一時だけでした。

とうとう去年、激痛が治まらなく、夜も眠れなくなることが3ヶ月間続き、通常歩行も出来なくなる始末。
インターネットでいいところはないかと探していましたところ、西鎌倉カイロプラクティックセンターを発見しました。

当初は疑っていました。「また一緒かな(今までの病院や整体院などと)」

第一印象は「感じのいい先生だな」
治療に入ったら「こんなんで??(治るの??)」

他の整体と違うんです。グリグリされないし、痛くもないんです。電気あててマッサージして終わりってこともないんです。
1回目が終わって、帰るときには痛みは消えていました。それどころか、1週間も痛みが出ないのには驚きました。今までの経験上、2,3日後には痛みが出ていましたから。

2回、3回と治療するうちに痛みが本当に出なくなりました。痛みと戦った20年間は何だったんだろうと思っています。

実は3年ほど前に、後ろからバイクでぶつけられた時の頚椎捻挫(ムチ打ち)もひどくなりつつありました。首筋から指の先あたりまでつながった痛みが出ていることを先生に言ったら、すぐに治療していただきました。

1回目で肘から指先までの痛みは消えました。
2回目、まだ肩の痛みが残っていましたが、その痛みが出ない稼動範囲が徐々に広くなりました。
3回目、最初の頃より、かなり軽くなりました。

そしてもう、本当の意味での完治します。本当にありがとうございました。これで不安なく、生活できます。

【院長より】
最初は足を引きずって来たのに、帰りは普通に歩くことが出来たあの光景は、私もよく覚えています。20年に及ぶ足首の痛みから開放されて、本当によかったです。

頚椎捻挫(ムチ打ち)による首から肩と手の痛みは、一見厄介なようでしたが、頚椎の1番だけを矯正するシンプルな施術法(AOT)で効果を出すことが出来ました。


*腰痛・太もも痛・ひざ痛・両足の冷え<横浜市 女性 50代>
昨年11月 腰を痛めて病院へ行きました。
飲み薬(筋肉の緊張を和らげる・痛み止め)、腰痛コルセット、痛みの強いときは痛み止めの注射を半月で2回打ちました。

12月 読売新聞の記事『腰痛のケア』でカイロプラクティックが紹介されていました。
内容は
※整形外科の技術だけでは、腰痛は治せません。
※骨格の異常を正せば、腰痛などの症状も消えると考える。
※日本には公的な資格制度はなく、誰でも看板を掲げることができ、怪しげなのも少なくはない。
というものでした。

正直、カイロには興味と不安もありました・・・
でも、「今後もこのような繰り返しで行くのかなぁ。」と思っていたので、夫に相談してインターネットで調べてもらいその結果、遠藤先生のところに決めました。

初回のとき、腰と太もも上部も痛かったのですが、治療には体に負担がかからないようにブロックを入れ、時間も知らせてくれるのでリラックスできました。
治療後は背中がポカポカし体も軽くなったように感じ、普段付けていたコルセットも付けずに帰りました。

治療を続け、膝の痛みもなくなり正座もできるようになりました。

腰痛持ちの娘も今では患者の一人。
おかげさまで快方に向かっております。
感謝、感謝・・・です。

*腹痛、下痢、腰痛 <千葉県市川市・ASKAさん(20代主婦) 平成18年5月2日投稿>

中学生の頃から約14年間、腹痛と下痢、腰痛に悩まされていました。
ほぼ毎日下痢をしていたので病院で検査をしたところ、医者に『自律神経失調の1歩手前だね。』と言われ、時々薬を飲んでごまかす生活を続けていました。

腰痛に関しては毎朝起きたときの腰痛、座っているときの腰痛、長時間立っている時の腰痛を我慢?し続けていました。ぎっくり腰も2回ほどやってしまいました。

そんなある日、母が腰を痛めて病院へ。痛み止めを注射してもよくならなかったのに、(西鎌倉の)カイロに行ったらほんの数回でよくなってきたと言う知らせを受けてビックリ!
「あなたも、とりあえずカイロに行って診てもらったら?」と言われ、母と一緒に行ってみることにしました。

私の場合、西鎌倉まで電車で1時間半かかるので、着くまでには腰が痛くなっていたのですが、治療後には腰がだいぶラクになっていたので、遠いですが通ってみることにしました。

通い始めて4回目頃には、腰が痛いということがほとんど無くなっていたのです。朝起きた時、座っているとき、台所で立っている時も痛いということが無いのには驚きましたね。\(^O^)/

お腹のほうも回数を重ねるごとに下痢と腹痛の回数が週1~2回くらいへと減っていくのが分かり、自分の体がよくなっていくのが実感できました。

先生からは家でもできる予防法・姿勢などを教わり、簡単なものばかりなので毎日やってみました。
よく先生が「治療はやってもらうだけじゃなく、自分も治りたいって気持ちじゃないとだめだ。」と言っていたので、自分なりにできることを少しでもやろうと思い、がんばってみました。

治療を始めて11回目にはお腹も腰もよくなったので、治療が完了しました。

あれから腰もお腹もまったく痛みが無く、14年間痛い毎日を過ごしていたのがウソのようです。とりあえず、カイロに来てみて正解でした。
先生にはホント感謝の気持ちでいっぱいです。(≦▽≧)カンシャカンシャ

【院長より】
ASKAさん、千葉県市川市からがんばって通った甲斐がありましたね。そして、なにより私を紹介してくれたお母さんに感謝してくださいね。
将来的な予防のためにも、時々いらしてください。

*腰痛・適応障害(頭痛、吐き気、不眠、倦怠感、自律神経失調)
<鎌倉市・Yちゃん(女性・23歳) 平成17年10月28日投稿>

 2年前に大腿骨の手術をした、84歳の祖母の腰痛を1回の治療ですっかり治してしまった遠藤先生。当時、私は4年間、仰向けに寝ることの出来ない腰痛と、適応障害で悩んでいました。
 祖母の後について遠藤先生の下へ行くと、さっそく不思議な光景が・・・。『私もやってほしい』とお願いすると、すぐに検査開始・・・。その結果、Ⅰ~Ⅲまで全て陽性・・・。「一人で3人分背負っているね。いつでもいらして下さい。」って、そんなあっさり言われても・・・汗。
 
 その数日後、思い切って通いはじめたところ、3回目頃には4年間続いた腰痛はすっかり治りました。その後、週に1度のペースで通ったところ、適応障害による吐き気・不眠・倦怠感などがいつの間にか消え、更に、7年間真夏でさえ、かくことのなかった汗を、今年の夏に7年振りにかくことができるようになりました。
 
 最初は20回といわれた治療も、14回目現在でゴールが見えてきています。自分の体が健康になっていくことが、こんなに嬉しい事だとは思いませんでした。遠藤先生に出会うまでは、「私は一生こんな体調不良のままでいるんだろう。」と思っていました。
 ある日、捻挫したことを伝えると捻挫した部分をさすって・・・「ハイッ、終了!!」・・・「えっ、これだけ?」と半信半疑のままお礼を言って家に帰ると、痛みが軽くなった気がして、次の日には全く痛みを感じなくなりました。
 
 カイロって、不思議な事だらけなクセに、きちんと治してくれちゃうからビックリです。カイロを・・・遠藤先生を信じて良かったです。治療が終わってしまうと、うれしい半面、ちょっと淋しいです。週1回のカイロの時間は人生相談などもできてリラックスできる時間だからです。なので、月に1回は健康診断として先生に会いに行くつもりです。(平成17年11月11日 終了宣言済み)

【院長より】
 約4ヶ月、よく頑張ってきました。健康になると人生が変わりますよね。(これで、内側も外側も美人ですね。)あとは、Yちゃんが書いているとおり、月に1回程度の予防的な治療で十分でしょう。
 お婆ちゃんをはじめ、ご家族の皆様のご健康をお祈りいたします。
 ちなみに、捻挫の治療はカイロ・整体の部類ではありません。特殊な療法です。