脊柱管狭窄症を改善させる施術

当院の腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などの施術

当院のこの施術法においては、ほとんどこの瞬間に腰の痛みや、足のシビレなどがなくなります。

↑メインで行うブロックテクニックの一例


原理は、背骨や骨盤にかかっている負荷を抜き、関連する筋肉群を緩めるとともに、神経の圧迫を解除することです。

オリジナルの手技を加えることで、さらに効果を高めています。

もちろん、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などだけでなく、肩こり、頭痛、などにも有効に作用します。(症状などによって、ブロックの挿入位置は異なります。)

<当院では・・・>
重症な方ではヘルニアと狭窄症を併発している患者様もいらしゃいました。施術は腰椎の負荷を抜いていく施術方法なので、安全であり、患者様が痛くない状態で施術を進めてまいります。
狭窄症は、手術というイメージが比較的強いですが、当院では概ね80~90%の患者様が症状を改善させています。どうか、諦めることなくお気軽にご相談ください。

<概要>
椎間板ヘルニアのように腰痛と神経圧迫による症状があるのですが、椎間板ヘルニアとは少しニュアンスが違います。
椎間板ヘルニアは椎間板のハミ出しによって、主に片側の神経圧迫を起こしますが、脊柱管狭窄症とは、真ん中の脊柱管が何らかの理由で狭くなった(狭窄)ものをいいます。

脊柱管を通る脊髄神経を圧迫すると、「間欠跛行(かんけつはこう)」という、数分歩くと足に痛みやしびれが出て、休むと回復する。また数分歩くと痛みやしびれが出て、休むと回復するのを繰り返すようになります。
間欠跛行は、脊柱管狭窄症の典型的な特徴と言われています。

 

<患者さんの状態>
まず腰が痛いことは多いです。現代医学では狭窄していることが悪の根源ように言われますが、私はさらに別の原因が狭窄症を引き起こしていると考えています。
それは対症療法と根本療法の違いだと私は考えているので、どっちが正しいとか間違いとかではないという訳ではありません。

さて、腰の痛みに加えて足にも症状があらわれます。痛みか痺れかあるいは力が入りにくくなるなど、そして片方の足の場合もありますが両足に出る場合もあります。
つまり歩くことが困難になるケースが多いようです。

重症度によって異なりますが、数分あるいは数十メートルくらいで歩けなくなり、座って休むことで回復します。そしてまた数分または数十メートル位で歩けなくなって、座って休むと回復する。これを間欠跛行といい、これが脊柱管狭窄症の典型的な特徴だと言われています。

狭窄の原因が椎間板による場合もあるし、椎骨の変形により狭窄している場合もあります。脊髄神経を圧迫(馬尾症候群)になると、下半身全体に麻痺などの症状が出たり、後々に後遺症が残る可能性もあるので手術を勧められるケースもあります。

早め早めに脊髄神経への圧迫は排除することが望ましいです。

<私が行う脊柱管狭窄症への施術>


腰痛の部類の施術方針は、基本的にどれも同じです。前述したように狭窄している原因を排除することを主眼に置きます。
背骨(腰椎)にかかっている負荷を解除し、周辺の状況を改善させます。過度に緊張を強いられている筋肉などはその緊張を解くために緩めることを行います。

当院の腰痛の類に行う施術方法は、ブロックテクニックがメインですが、その最中はほとんどの場合、施術中に痛みを感じません。かなり楽に施術を受けていただけます。それは楽な状態こそが、効く状態だからです。

施術の際に私は必ず患者様に「いま痛いですか?」などと伺います。
最も痛くない状態で施術を勧めますので、ホッとして眠いかもしれませんが、痛いか痛くないかなどお教えください。ぜひともご協力お願いいたします。。


<整体に行くなら、必ず的確な判断ができる整体師でなければなりません。>
少しずつでも良い変化が現れれば、私の施術の範疇内であると判断して施術を行っていきます。が、椎骨が変形していて神経を圧迫しているなど、物理的に難しいと考えられるケースもあります。
その場合でも、実は改善されたケースもありますので、まずは私は効果を出せるかどうかを確かめながら患者様に負担とリスクをかけずに施術を行っていきます。

狭窄症に対する整体などの施術は、普通の腰痛などと比べてリスクがあります。知ったかぶりな整体師や民間療法師が無理な力でグイグイ押したり、やたらボキボキするのはさらに症状を悪化させる可能性があります。

まずその狭窄症に対する施術のリスクを理解していること。そして施術が適応かどうか? いかに効果を出すことができるか? など、的確な判断ができる整体師をお選びください。

ヘルニアと言われても、
狭窄症と言われても、
老化のせいだと言われても、
あきらめずに、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。