腰椎症(変形性腰椎症、変形性椎間板症)を改善させる施術

<概要>
腰痛といわれる中で、おそらく最も多いのがこの腰椎症であると思われます。年齢とともに椎骨が変形したり、あるいは椎間板が変形することで痛みが出るとされています。

ある程度の変形ならば保存療法で様子を見ることになりますが、変形がすすむと椎間板ヘルニアになったり、狭窄症になることもあり、それ相応の処置が必要になる可能性もあります。


<患者様の状態>
いわゆる慢性に腰痛ですから、立ってると痛い、長時間座ってると痛い、疲れてくると痛くなるといった感じです。なので、例えば立ってて痛くなったら、座って休むと回復するケースが多いです。
痛みの程度がひどいようであれば、コルセットなどを装着することで少し楽になることもあります。

<病院では・・・>(患者様へのインタビューで私が聞いた話です)
腰が痛いというとまずは、X線検査をしてくれるところがほとんどだと思います。そして骨折などの重大な疾患がなければこう言われるでしょう。
骨には異常はありません。ただ、老化ですね。椎間板が少し薄くなってます。」
という具合です。
年齢およそ60代くらいからと思われますが、病院では年齢のせいにされるケースが多いようです。

では、そのX線検査の画像と今の痛みの関連性についてはというと、医師はそこに触れません。X線検査の所見は述べるものの、これが原因だとはっきり言われてない患者様がほとんどです。
すなわち、今ある腰痛の原因はわからないということですね。なので、とりあえず痛み止めや湿布を処方してくれます。場合によっては注射もしてくれます。それで治ることは希だと思いますが・・・。

<当院では・・・>
薬やシップで腰痛が治れば誰も苦労はしてません。
腰痛に対しては、ちゃんと骨格などを整える整体やカイロプラクティックは有効です。(もちろん、骨折などの外傷を除きますし、どこの整体院に行っても同じ効果があるわけではありません。)

腰痛に対して私が行う施術は、どんな病気であっても基本的なコンセプトは変わりませんし、施術法も大して変わりません。
背骨や骨盤にかかる負荷を抜き、過緊張している筋肉を緩め、骨格を正すことです。同時に自律神経のバランスも重要視しているので、それも整えます。

また、メインの施術テクニックであるブロックテクニック使用中は、患者様はほとんど痛みを感じない楽な状態でリラックスできます。

回数などは個人差がありますが、多くの場合(およそ95%以上)が改善します。

↑メインで行うブロックテクニックの一例

<いつまでも腰痛を我慢しないで!>
逆に我慢できるうちはまだ良いのです。腰への負担やダメージが積って、ぎっくり腰を起こすケースもあるでしょうし、とあるきっかけで、どんどん腰の痛みが増してくるケースもあります。
そうなると、冒頭記載したようにヘルニアや狭窄症に進展しかねません。腰痛を大事に育てていて、いいことはありません。
もし、今、腰痛を我慢しているなら早めに施術に来られることをお勧めします。


腰痛が当たり前の毎日から、腰痛のない毎日へ。
どうぞ、お気軽にご相談ください。