いろいろある腰痛、当院で解決します。

当院の腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などの施術

当院のこの施術法においては、ほとんどこの瞬間に腰の痛みや、足のシビレなどがなくなります。


原理は、背骨や骨盤にかかっている負荷を抜き、関連する筋肉群を緩めるとともに、神経の圧迫を解除することです。

オリジナルの手技を加えることで、さらに効果を高めています。

もちろん、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などだけでなく、肩こり、頭痛、などにも有効に作用します。(症状などによって、ブロックの挿入位置は異なります。)


腰が痛いと書いて文字通り腰痛です。しかし、腰痛と言っても実はいろいろな病気があるのです。主な腰の病気は次のとおりです。

・ぎっくり腰(急性腰痛)
・腰椎症(変形性腰椎症、腰部椎間板症)
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・分離症・すべり症

現代医学ではまず病名をつけることが第一のステップですが、このように病名がついたからといって安心できるものでもありません。
はっきりと病名がわからない場合もあります。医師からX線検査の結果について、「骨には異常がないです。」とだけ言われて、痛み止めやシップの処方だけされた人も多くいるでしょう。
私の見解では、現代医学というのは腰痛に対してほとんど無力ですね。

骨折や重篤な神経圧迫があるなど、手術が適応な場合を除いて、整体やカイロプラクティックは、腰痛の様々な状況に対して有効です。
(当然、整体院や先生によって、得られる効果は異なります。)

<腰だけじゃない、足にも症状がでることもある。>
腰が痛いのがほとんどですが、これが原因で神経を圧迫するなどにより足にしびれや痛み、または歩行困難も伴うケースもあります。その場合は、ヘルニアや狭窄症、すべり症が疑われます。

<私は、腰痛を老化のせいにはしません>
医学関係の書籍によると多くは老化に伴うものとされていますが、現実に20代~30代といった若い方も腰痛になりますし、中学生で腰痛と坐骨神経痛を発症した患者様もいらっしゃいます。

老化もひとつの理由であることは間違いないとは思いますが、それにしても医師から「もう歳(高齢)だから仕方ない」というようなことを言われても、到底納得のいくものではありませんね。
医師は腰痛を年齢のせいにしますが、私は年齢のせいにしたことがありません。なぜならば、当院においては、高齢の方(80歳以上の方もいらっしゃいます。)も若い方も、概ね95%以上が改善しているという事実があるからです。

年齢とともに体力や筋力は低下し、骨も密度が減少したりするので腰痛にはなりやすいのは事実です。高齢の方はたしかに、若い人より治りは悪いかもしれないけれど、それでも、しっかり施術をさせていただくことで、私は多くの改善を見てきました。

高齢だからといって腰痛が治らない、そんな理由は私にはないのです。

<当院の施術は・・・痛くない>

さて、上にいくつかの腰の病気を挙げましたが、私の施術理論・方針はどんな病気に対しても基本的に同じです。
根底には安全・的確に原因排除することが挙げられます。

背骨(腰椎)負荷を抜き、負荷をフォローしよう働いて過緊張している筋肉を緩めることで腰椎や骨盤の骨格も自然に正すことができます。メインで行うブロックテクニックの施術自体が
「患者様にとって楽な状態=効いている状態」
なので、痛みはなく、女性も高齢の方も安心して施術をお受けいただけます。

骨折などのいわゆる怪我には適応しませんが、仮に骨折などの怪我であったとしても患者様を危険にさらすことなく、それを見極めることができます。(以前に何人も、施術を中断して病院を勧めた結果、検査したら骨折していたといった例があります。)


<まずは治しましょう>
個人差はありますが、ぎっくり腰なら概ね1~2回で痛みを半減させ数回以内には完治!と言える状態にします。ほかのヘルニアや狭窄症といった重症な場合は、早くて5,6回、あるいは十数回で第多数の方が改善されています。

当院でしっかり施術を行いますと、その後の発症リスクが低く抑えることができる可能性が高いです。とは言っても一生保証できるものでもなく、いつ何時腰痛の恐怖が襲って来るかは分からないので、定期的な(月1回程度)のメンテナンスをお勧めしています。

定期的にメンテナンスに来られている方は、私が見ている限りほとんど痛い目にあっていません。少し腰が痛くなることがあってもすぐに回復したり、大事に至ることがないようです。(あくまでも患者様からの報告です。)

さあ、腰痛でお悩みの方、ヘルニアと言われて深刻な事態だと落ち込んでいる方、ぜひ一度ご相談ください。腰が楽になるっていうのは、いいものですよ。

ヘルニアと言われても、 狭窄症と言われても、
老化のせいだと言われても、 あきらめずに、
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

それぞれの病気について、当院の施術についてなど、こちらへどうぞ
・ぎっくり腰(急性腰痛)
・腰椎症(変形性腰椎症、腰部椎間板症)
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症