当てはまっても、心配しないで。うつ病のテスト

初めに申し上げておきます。
もし、当てはまっても、心配しないで!

あなたは、もうすでにお辛い状態だと思いますが、勇気を出してご連絡ください。

代表の私、遠藤が、しっかりとあなたの話を聞き、改善に向かわせます。



このテストはDSM診断基準というものです。
(書籍等を参考に、分かりやすいよう馴染みのある表現にしてあります。)


ほとんど毎日において、以下の症状のうち、少なくとも1つある。

1.抑うつ気分(物悲しい気分)がある。

2.興味を持つことがなくなり、または喜ぶこともなくなった。

さらに、ほとんど毎日において以下のうち、合計で5つ以上が認められる。

3.食欲が著しく減退あるいは増加、それによって体重の減少あるいは増加

4.不眠(寝付けない、夜中に目が覚めて眠れない、早くに起きてしまうなど)あるいは、睡眠過多

5.精神運動性の焦燥または制止(焦り、エネルギー枯渇によって何もするにも意欲が出ない。)

6.疲労感が抜けず、または気力の減退がある。

7.無価値感(自分に自信がない)または過剰(不適切)な罪責感がある。

8.思考力や集中力の減退し、決断するということができない。

9.死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図がある。

またはを含む5つ以上の項目が2週間の間に同時に起こり、2ヶ月以上継続していること。

また、症状のために著しい苦痛または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能障害を引き起こしていますが、これらの症状は一般身体疾患や物質依存(薬物またはアルコールなど)では説明できない状態をいいます。

 

もっと分かりやすい?うつ病に現れる精神症状

・うつ病になると必ず、食欲が低下し、眠れなくなります。

・メランコリーと呼ばれる悲哀感(もの悲しさ)
単に気分が沈むとか、面白くないといったレベルとは全く異なります。何ら原因がないのにが流れたり、楽しいはずの話でも悲しい結末を想像したりします。

本質的に気分が沈むのではなく、もの悲しさなのです。

・不安と焦燥感に代表される苦悶感
一般的な心配事があるとか、気にかかることがあるというのとは違います。極度の緊張感と過敏性を伴った、苦しみ悶える感じをいいますので、不安よりも重いものと認識すべきでしょう。

苦悶感がさらに重くなると、落ち着きがなくなってじっと座っていることができずに歩き回ったり、うめいたり、手を揉んだり、髪をかきむしるような行動が見られるようになります。この症状を焦燥感といいます。

・意思発動性低下
やりたいと思うのに力が湧いてこない、行動に移せないといった状態です。行為の作動が困難になり、日常活動の取り掛かりが辛くなります。仕事や勉学、家事などの能率も低下しますし、判断や決断も困難になります。

間違えてはいけないのは、うつ病の人は、やらなければいけないことは分かっているのです。それが行動に移せなくなる、行動に移すためのエネルギーが枯渇しているということです。

うつ病には、大小はあれどこれらの状態が同時に存在しています。逆に言えば、一つでも全く存在していなければ、うつ病ではないということになります。

 

 

実を言うと私は、うつ病と言われたとか、うつ病ではないとかの診断をあまり気にしません。

私が気にするのは、薬の副作用も含めて、あなたが何に困っているのかです。

ぜひ克服し、会社に復帰したり、就職したり、ご家庭で普通の生活への復活へ向けて、一緒に歩き出しましょう。

代表 遠藤