中学生・高校生の腰痛、ヘルニアの改善例

R君 鎌倉市 中学生 サッカー 腰痛
サッカー選手で腰が痛いのは、私も何人か見てきましたがシュートを打つた時にギクッとなってしまうケースがあるんです。
絶対に早く治したほうがいいという事で、理解のある親御さんと顧問の協力で、ある程度集中して施術することができました。
施術しては、様子を見ながら練習に参加するようにしました。施術を進めつつ、腰の調子によって練習もハードに戻していくようにしました。
順調に回復し、トータル6回で一段落させました。

練習を休めというのは簡単ですが、本人は遅れをとりたくないし、休めばその分のブランクも生じるので、私は少しづつ練習に参加しながら治していく方式を取っています。


K君 藤沢市 中学生 バレーボール 腰痛 
慢性的に腰が痛かったバレーボール選手のK君、接骨院でスポーツ整体の治療を受けていましたが、ご紹介で当院に来られました。
腰が痛ければアタックの威力も小さいし、レシーブも守備範囲が狭くなりますので、早く治してあげることが、本人のためにもチームのためにもなるのです。

初回から腰の痛みは楽になりました。バレーボールの練習も続けてはいるので、腰が痛くなることはあるのですが、それでも施術をすればすぐに回復していました。

トータルで10回ほど施術をして一段落させ、その後も調子を見て来ていただきました。やがて高校に進学後もバレーボール部に所属しましたが、しっかり施術していた腰の調子は良かったようです。


E君 鎌倉市 中学生 サッカー 整体に行ったらぎっくり腰になった 
世の中には整体とかカイロプラクティックの看板はたくさんあります。その中から適切な施術をしてくれるところを選ぶのは、難しいものです。

Eくんは私の所に来る前日、別のとある整体院に行きました。なんと、そこでの施術というか、無理な矯正でぎっくり腰になってしまったのです。(その院で壊された患者様を私は何人も診ています。)

1回施術した翌日、軽く練習したらまだ腰は痛かったと言われました。しかし、その後、練習がなければ腰は全く痛くなりませんでした。
5回目の施術の後、立て続け数日間の練習に参加しましたが、それでも腰は痛くならず、ひと段落とさせていただきました。

良くなるどころか、逆に悪くしてしまう整体院・カイロプラクティック、接骨院などまだまだたくさんあるようですね。私自身も整体を受けたら首が痛くなってしまった経験もありますし、本当に気をつけて治療院を選ばなくてはなりませんね。

藤沢市 U君 高校生 野球 腰痛 ヘルニア


野球ではキャッチャーをやっているU君は腰痛持ちでした。座っているのも痛いし、筋トレしていても痛いので、練習しながら腰を痛めている感じがしていました。

野球部の練習は厳しいので、なかなか休みが取れません。でも、たまの休み来てくれると腰痛はあっさりと楽になってくれます。
しかし、引退も近くなったある日のキツ~い練習のあとで腰が痛くなり、施術に来られました。今までとどうやら様子が違うのです。病院で検査したところ、ヘルニアとの診断でした。

その後引退したのでほっとしたのも束の間。今度は受験勉強です。

塾で座っていても痛かった腰ですが、(野球を引退してから)6回ほどの施術でひと段落することができたのです。受験勉強にもしっかり集中できたことでしょう。


当院の腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などの施術

当院のこの施術法においては、ほとんどこの瞬間に腰の痛みや、足のシビレなどがなくなります。

 メインで行うブロックテクニックの一例

原理は、背骨や骨盤にかかっている負荷を抜き、関連する筋肉群を緩めるとともに、神経の圧迫を解除することです。

オリジナルの手技を加えることで、さらに効果を高めています。

もちろん、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症などだけでなく、肩こり、頭痛、などにも有効に作用します。(症状などによって、ブロックの挿入位置は異なります。)